連邦会議の本会議では、PAO NOVATEKのカムチャッカでの投資プロジェクトは議論されませんでした

06 апреля 2020, 12:27 148

4月1日、カムチャッカのローカル・メディアは、RBCの情報によることか、ロシア海軍総司令部の命令により、PAO NOVATEKがのペトロパブロフスク市の近くに LNG(液化天然ガス)の積み替えターミナルを建設することを許可しないと早合点 して、それについて伝いました。伝えられるところによると、3月31日の連邦会議の本会議での当社の取締役会副議長であるデニス・ソロビエフ氏の発表に基づいて、そういう結論が出ているそうです。

すぐにそれぞれのソーシャルネットワークでそれに関する毒舌コメントが現れました。その概要は、上記 の大規模な国際投資プロジェクトがの実施は失敗したので、カムチャッカ住民の本プロジェクトに関する希望 (地域の社会・経済開発と半島のエネルギー業界を手頃な価格のストリッピングガスに供給させること)も叶わないということです。

しかも、これらの人々はそれを書く前に、連邦議会の公式ウェブサイトで、3月31日に開催されたロシア議会の上院の479件の連邦会議本会議(予定外)について 参考することさえしませんでした。それによると、主題は新しいコロナウイルス感染の拡大に関連する緊急対応でした。

「実際には、デニス・ソロビエフ氏が、議会の上院でのロシア連邦の構成主体でのガスパイプラインの建設に関する理事会の会議で発表しました。話題は、カムチャツカのベチェビンスカヤ湾の海上積み替えターミナルの建設に関するNOVATEKプロジェクトの実施に関するものではなく、レオニド・ミヘルソン氏の上記の会社が採掘されたLNGを使用できるようになることによつガスパイプラインの建設の見通しだけでした。

そのために、アバチャ湾でフローティング式貯蔵再ガス化装置を配備して、そこで小排気量タンカーを受け入れ、燃料を半島の既存のパイプラインシステムに移送する予定です。理に適ったことで、カムチャッカでは、ガスパイプラインの建設のためにロシア海軍総司令部との整合は欠かすことができません。連邦議会の理事会の会議でのデニス・ソロビエフ氏のスピーチによると、ロシア国防省との建設的な対話が続いているそうです。両当事者が合意された解決策に近づいていると思われる理由があります」とカムチャッカ開発公社の社長のユリア・ハリトノワ氏が述べました。

ベチェビンスキー湾に海上積み替えターミナルを建設するというNOVATEKの計画は変わらないようです。この結論は、3月の最初の当社の最高経営責任者であるレオニード・マイケルソン氏のスピーチに基づいています。当社は、2022年にムルマンスクとカムチャッカでのLNG積み替えターミナルの最初段階の運転開始により、天然ガスの価格が特に低い状況で重要な物流コストを大幅に削減できると期待しています。

NOVATEKは、北海航路に沿って西および東方向にLNG供出を増やしていきます。当社の公式発表によると、2019年の第3四半期だけで、ヤマルで採掘されたLNGは15隻のタンカーでアジア太平洋地域に送られました。昨年の輸送は、北極海航路の氷っている一部を超える船の数は記録的に多かったです。ウラジミール・ルサノフというタンカーは、サベッタから中国に向かって、6日でルートの上記の一部を乗りいこえました。船の航路全体は16日間で、スエズ運河やマラッカ海峡の通過と比べて2倍以上速いです。この場合は、極東物流の利点は明白です。

ロシアの液化天然ガス市場は、アジア太平洋地域で拡大しています。昨年はバングラデシュも、そこの受領者に加えられました。

NOVATEKの副社長兼営業部長であるレフ・フェオドシエフ氏は、次のように述べています。 「NSRに沿ったナビゲーションのさらなる開発と、カムチャッカとムルマンスクでのLNG積み替え複合施設の建設により、当社の物流チェーンを最適化することができます。」

NSRの東と西にターミナルを建設することにより、Arc7クラスのタンカーはLNGを北極海航路に沿って通年輸送できるようになります。当社の短期的計画では、15隻のアイスクラスLNG運搬船の使用ですが、その後同様の船の数を数十隻に増やす見込みです。

ベチェビンスカヤ湾の複合施設は、2つの浮体式LNG貯蔵設備、港門、停泊施設、および安全ナビゲーション・システムを含む予定です。本プロジェクトの固定資産への投資総額は1000億ルーブルを超え、そのうち700億以上は中国、フランス、日本の企業などの個人投資です。

上記の複合施設の運転開始後、約200人に新たな職場を提供します。 2028年の初めまでに、すべてのレベルの予算に対する税収は245億ルーブルを超えると予想されています。

本プロジェクトの発起人が優先的社会経済発展区域の居住者のステータスを持っています。プロジェクトの実施は、連邦議会理事会の上記の会議で議論された、アバチャ湾の浮体式 LNG再ガス化設備にLNGを配送するために、載荷重量トン数約5000トンのタンカーの建設が規定されています。

Eжедневная рассылка новостей Камчатки в WhatsApp. Подписывайтесь одним нажатием!

Прежние новости на эту тему

Пока нет

Оставить свой комментарий   Некорректный логин или пароль
Аноним Ваше имя: Пароль: Зарегистрироваться Просьба воздерживаться от нецензурной лексики, как открытой, так и завуалированной. Содержащие её сообщения, в соответствии с законодательством РФ, будут удаляться.