ファンタリスという会社はカムチャッカの奥地に広がっています。

06 мая 2020, 13:13 4701

ホテル開発を専門とするファンタリス企業グループは、カムチャッカに関連する投資計画を変更しません。新型コロナウイルス感染症によってロシアれの経済的困難な状況を考慮して、当社のプロジェクトの実施期間を延長する可能性がありますが、すべてのビジネスイニシアチブは効力を持ち続けています。

カムチャッカ開発公社のユリア・ハリトノワ社長は、「このモスクワの会社は、カムチャツカ地方の観光インフラの開発分野における投資プロジェクトで成功例を導き出したい」と述べました。「本プロジェクトへの個人投資のおかげで、ファンタリスは、弱体化した非営利企業を、地方住民だけでなく、ロシア人と外国人の観光客にも最も人気のある、ホテル コンプレックス「ラグーナ」に変えました。昨年、24か国からの観光客は上記のホテル コンプレックスで泊まりました。夏の部屋の予約は春先に始まります。ハイシーズンには、施設は満員です。

ホテル コンプレックスの敷地内で、アクアセンターの再建と「ロシ・ロソシ」というレストランが営業を開始し地方住民は一年中ホテル コンプレックスに来るようになりました。

本プロジェクトには、同社が誘致したレジャーおよびホスピタリティ業界のロシアの専門家が参加しました。プロジェクトの発起人は、カムチャツカ先行発展領域の入居者のステータスを持っています。カムチャツカ開発公社は、ファンタリスのある営業権を維持しています。

当社の投資計画の一部は、「ラグーナ」ホテル コンプレックスのさらなる開発に関連しています。当社の所有者であるロマン・ファンタリス氏は会社の発展計画について少し説明しました。近い将来、ホテル コンプレックスの領内で26か所にマンガルゾーンを備えたゲストハウスの建設が見込まれ、サービスとエンターテインメントの提供数が増加します。本プロジェクトは毎年拡大しますが、それについてはまだ詳しく話せないそうです。ただ、当社の計画の一部は、地方の観光インフラ施設の作成に関連しているとは明確です。

カムチャッカ開発公社の会社当局との最近の会話で、ロマン・ファンタリス氏は、必要に応じて、新型コロナウイルス感染症における、カムチャッカですべてのインフラストラクチャーを備えた隔離観察収容所を建設することに積極的に参加する用意があると述べました。

それに、ファンタリスグループの専門家が、ペトロパブロフスク・カムチャツキー国際空港に新しい旅客ターミナルのプロジェクトを作成しました。これには、便利な乗り換えポイント、ホテル、レストラン、ショップが含まれまれていす。本プロジェクトにおける完全な視覚化は、当社のホームページにあります。

Подписывайтесь на новости Камчатки в Telegram. Самые важные новости - весь день на ваш смартфон.

Прежние новости на эту тему

Пока нет

Оставить свой комментарий   Некорректный логин или пароль
Аноним Ваше имя: Пароль: Зарегистрироваться Просьба воздерживаться от нецензурной лексики, как открытой, так и завуалированной. Содержащие её сообщения, в соответствии с законодательством РФ, будут удаляться.